/

新興株6日 ジャスダックは続伸、マザーズは3日ぶりに反落 ネット関連に利益確定売り

6日の新興企業向け株式市場で、東証マザーズ指数は3日ぶりに反落した。終値は前日比12.38ポイント(0.99%)安い1243.27だった。米大統領選後の政局を巡る観測で米ハイテク株が上昇し、国内でもマザーズ市場に上場するネット関連銘柄を中心に買われていたが、割高感も強まっており個人投資家などが利益確定売りを出した。市場では「25日移動平均線を上値のメドに売りが出ている」(松井証券の窪田朋一郎シニアマーケットアナリスト)との指摘があった。日経平均株価が29年ぶりの高値を付け、値動きの良さから資金が主力株にシフトしたことも響いたようだ。

BASEすららネットAIinsが下落した。一方、直近で新規株式公開(IPO)したレッティやカラダノートが買われたほか、ジーエヌアイJTOWERが上昇した。

日経ジャスダック平均株価は続伸した。終値は前日比15円66銭(0.44%)高い3609円33銭だった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で516億円、売買高は1億555万株だった。ウエストHDが上場来高値を更新したほか、BBタワー出前館が上昇した。半面、ワークマンマクドナルドセプテニHDは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン