11/27 1:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,756,454億円
  • 東証2部 68,156億円
  • ジャスダック 101,028億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.31倍 --
株価収益率21.54倍27.25倍
株式益回り4.64%3.66%
配当利回り1.85% 1.64%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 26,537.31 +240.45
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
26,580 +200

[PR]

国内株概況

新興株26日 マザーズが1200割れ、ジャスダック3日続落 決算後の売りに警戒

2020/10/26 15:45
保存
共有
印刷
その他

26日の新興企業向け株式市場で東証マザーズ指数は4日続落した。終値は前週末比48.16ポイント(3.86%)安い1199.55となり、9月28日以来およそ1カ月ぶりの安値を付けた。米国の大統領選や追加の経済対策の協議を巡る相場環境の先行き不透明感に加え、過熱感が強いデジタル関連銘柄への売りが続き、指数を下押しした。

市場では「指数を大きく押し上げてきた電子商取引(EC)やIT(情報技術)関連銘柄は企業業績の裏付けを伴わない形で物色されてきた銘柄もあるだけに、決算発表を受けて成長期待そのものが後退すれば失望売りが膨らむ可能性がある」(国内証券の情報担当者)との指摘があった。

BASEメルカリすららネットが下落した。一方、アンジェスJTOWERが上昇したほか、松屋R&Dは今期業績の上振れを期待した買いが集まった。

日経ジャスダック平均株価は3日続落した。終値は前週末比22円16銭(0.61%)安い3595円63銭だった。ジャスダック市場の売買代金は概算で590億円、売買高は1億1472万株だった。出前館ハーモニックワークマンが下落した。半面、BBタワー不二精機が上昇したほか、今期の純利益見通しを上方修正したカイノスは買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム