2019年1月22日(火)

新興株15日、ジャスダックとマザーズは4日ぶり大幅反発 心理改善で後場一段高

2016/2/15 15:31
保存
共有
印刷
その他

15日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は4営業日ぶりに大幅反発した。終値は前週末比67円44銭(3.07%)高い2267円06銭だった。前週末の欧米株高を材料に日経平均株価が急反発して始まり、投資家心理が改善した。午後に入っても1部上場の大型株主導で上げ幅を広げる展開が続き、新興株市場でも主力銘柄や好業績銘柄を買い戻す動きが活発化した。人工知能(AI)や不動産、自動運転などテーマ物色も旺盛だった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で455億円、売買高は1億7111万株だった。FVCやプロパスト、クルーズが上昇した。半面、ウェッジHDやユビキタは下落した。主力銘柄で構成するJASDAQ―TOP20も4営業日ぶりに反発し、上昇率は5%を上回った。

東証マザーズ指数も4営業日ぶりに反発。終値は前週末比39.36ポイント(5.90%)高い706.85だった。そーせいやインフォテリ、ミクシィなどの主力銘柄が軒並み値上がりした。半面、オープンドアやビジョン、カイオムは下げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報