7/11 18:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: なぜこの数値?経済統計、肌感覚に合わないカラクリ[有料会員限定]
  2. 2位: 「コロナTOB」にくすぶる不満 ファミマが異例の高値[有料会員限定]
  3. 3位: NYダウ反発369ドル高 コロナ治療薬の進展期待で
  4. 4位: 米で木材価格が急騰、4月から2倍 コロナでDIY特需
  5. 5位: 気候変動リスク、企業の「負債」に 数値化が課題[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,859,760億円
  • 東証2部 67,452億円
  • ジャスダック 91,493億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率18.46倍19.96倍
株式益回り5.41%5.00%
配当利回り2.11% 1.74%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,290.81 -238.48
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,290 -190

[PR]

国内株概況

新興株5日 ジャスダック、マザーズともに反発 そーせいが後場に指数押し上げ

2020/6/5 15:38
保存
共有
印刷
その他

5日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は反発した。終値は前日比22円52銭(0.66%)高い3455円33銭だった。経済活動の再開による経済の好転期待が根強く、個人投資家の買いが入った。足元の相場上昇ピッチの速さへの警戒から利益確定の売りも目立ち、下げに転じる場面もあった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で901億円だった。売買高は1億7248万株だった。マクドナルドテラなどが上昇した。半面、ワークマンチエルウチダエスコは下落した

東証マザーズ指数は反発した。終値は前日比5.32ポイント(0.54%)高い996.06だった。そーせいは14時30分にぜんそく薬の臨床試験の進展を発表。これを受けて株価は急伸し、指数全体をけん引した。そのほかPSSサイバーセキAIinsなどが上昇した。半面、アンジェスフロンテオメルカリは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム