5/25 21:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 衰えるバフェット氏の手腕 指数に勝てず含み益も急減[有料会員限定]
  2. 2位: 日経平均反発、終値353円高 緊急事態宣言の解除見通し
  3. 3位: 三越伊勢丹、進む営業再開 課題の売り場改革[有料会員限定]
  4. 4位: 「人生を豊かにするテクノロジー生み出す」辻庸介氏[有料会員限定]
  5. 5位: 投資苦戦のソフトバンク IT連携に根強い期待[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,742,684億円
  • 東証2部 63,131億円
  • ジャスダック 89,827億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.13倍 --
株価収益率17.07倍25.93倍
株式益回り5.85%3.85%
配当利回り2.12% 1.31%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,741.65 +353.49
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
20,820 +460

[PR]

国内株概況

新興株5日 ジャスダック3日ぶり反発 マザーズ続伸、アンジェスに買い

2020/3/5 15:24
保存
共有
印刷
その他

5日の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は3日ぶりに反発した。終値は前日比5円03銭(0.15%)高い3386円58銭だった。東証1部の主力株が上昇したことで個人投資家の心理が上向き、時価総額の大きい銘柄を中心に買われた。ただ、上値では利益確定売りが出て、上げ幅は限定的だった。

市場からは、「個人投資家が押し目を拾う一方、機関投資家が新興株の持ち高を減らし上値を抑えている」(ネット証券ストラテジスト)との見方があった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で368億円、売買高は7080万株。ワークマンマクドナルドAKIBAが上昇した。半面、ハーモニック多摩川HDホロンは安い。

東証マザーズ指数は続伸した。終値は前日比6.96ポイント(0.95%)高い743.13だった。メルカリミクシィが買われた。新型コロナウイルスに対するワクチンの共同開発に着手すると発表したアンジェスは大幅高。一方、SansanTKPサンバイオは売られた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム