時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,463,164億円
  • 東証2部 71,709億円
  • ジャスダック 95,759億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.24倍 --
株価収益率15.03倍15.74倍
株式益回り6.65%6.34%
配当利回り1.91% 1.91%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,146.15 -146.50
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,150 -140

[PR]

国内株概況

新興株4日 ジャスダック、マザーズが反落 外需関連やバイオに売り

2019/9/4 15:23
保存
共有
印刷
その他

4日の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は4営業日ぶりに反落し、前日比3円69銭(0.11%)安い3295円28銭で終えた。米景気の先行き不透明感が強まり、半導体関連など外需銘柄の下げが目立った。バイオ関連株など相対的に価格変動が大きな銘柄への売りも出た。一方、「下落した銘柄には個人投資家などの押し目買いが入った」(国内証券のストラテジスト)との声も聞かれた。

世界経済の減速懸念が根強いなか、世界景気の影響を受けにくく業績が好調な一部の内需株に資金が向かい相場を下支えした。ジャスダック市場の売買代金は概算で402億円、売買高は6264万株だった。UTフェローテクカルナバイオが下落した。一方、ワークマンセリア、メイコーは上げた。

東証マザーズ指数は4営業日ぶりに反落し、前日比7.11ポイント(0.84%)安の843.98だった。サンバイオそーせいなど時価総額が大きなバイオ関連株が売られ、指数を押し下げた。メルカリミクシィTKPが下落した。半面、弁護士COMユーザベースマネフォは上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム