2019年5月25日(土)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,887,464億円
  • 東証2部 71,850億円
  • ジャスダック 86,058億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.14倍 --
株価収益率13.79倍13.36倍
株式益回り7.24%7.48%
配当利回り2.09% 2.10%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,117.22 -33.92
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,100 ±0

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

5月24日(金)14:20

アマゾンジャパン ファーウェイ製品の直販停止[映像あり]

野村 情報漏洩問題で15時から記者会見

5月24日(金)13:00

[PR]

国内株概況

新興株4日 ジャスダック続伸 マザーズは反落

2019/4/4 15:26
保存
共有
印刷
その他

4日の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は続伸した。終値は前日比7円28銭(0.21%)高い3442円48銭となった。前日の米ハイテク株の上昇を受けて投資家心理がやや強気に傾き、半導体関連株などへの買いが指数を支えた。もっとも、日経平均株価が一時下げに転じたことなどから株式相場全体の上値の重さも意識され、個人投資家による利益確定売りが相場の重荷となった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で390億円と前日(466億円)と比べ減少した。売買高は6195万株だった。ハーモニックやフェローテクのほか、ワークマンなど内需株の一部にも買いが入った。ウエストHDも急伸した。半面、UTレイメイコーは下落した。

東証マザーズ指数は反落した。終値は前日比8.88ポイント(0.97%)安い910.47だった。アンジェスオンコリスといった一部のバイオ関連株に加え、ALBERTやHEROZなど人工知能(AI)関連株への売りが指数を押し下げた。一方で、そーせいマネフォオイシックスは上げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム