2019年2月18日(月)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,126,790億円
  • 東証2部 75,072億円
  • ジャスダック 89,541億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.21倍 --
株価収益率13.45倍13.84倍
株式益回り7.43%7.22%
配当利回り1.88% 1.96%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,281.85 +381.22
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,300 +400

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「岡崎良介の点と線」[映像あり]

2月18日(月)14:20

ソフトバンクとトヨタ 丸の内で通勤シャトル実証実験[映像あり]

iPS細胞で脊髄損傷治療 厚労省が慶大の計画了承

2月18日(月)13:00

[PR]

国内株概況

新興株14日 ジャスダック続伸、終日じり高 マザーズ反発

2018/9/14 15:32
保存
共有
印刷
その他

14日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は続伸した。終値は前日比22円20銭(0.60%)高の3752円47銭。新興国の通貨安懸念がやや後退したことで個人投資家の心理が改善し、新興企業株にも買いが入った。最近軟調だった主力銘柄のハーモニックが大幅上昇し、相場をけん引した。ジャスダック平均は終日じり高の展開となった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で539億円、売買高は1億1568万株だった。SEMTECメイコーなどの電子機器関連株が午後に一段高となった。フェローテクも上げた。一方、バイオベンチャーのテラが安い。地域新聞社大塚家具は下げた。

東証マザーズ指数は3日ぶりに反発した。終値は前日比19.24ポイント(1.93%)高い1018.43だった。フィリピン全土で通信事業の展開が可能になったと発表したアイピーエスが商いを伴って上げた。時価総額の大きいMTGサンバイオも上げた。増益決算を発表したシルバライフも上昇。一方、エクストリムGAテクノは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム