2019年5月21日(火)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,939,062億円
  • 東証2部 72,852億円
  • ジャスダック 86,427億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.15倍 --
株価収益率13.92倍13.47倍
株式益回り7.18%7.42%
配当利回り2.07% 2.09%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,301.73 +51.64
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,310 +40

[PR]

国内株概況

新興株23日 ジャスダック続落、マザーズ反発 主力株に売り優勢

2019/4/23 15:31
保存
共有
印刷
その他

23日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は小幅ながら4日続落した。終値は前日比2円79銭(0.08%)安い3434円91銭だった。後場の日経平均株価が上げに転じたことで投資家のリスク許容度は改善したものの、10連休が意識され様子見姿勢も強く持ち高を一方に傾ける流れは限られた。主力株を中心に売りがやや優勢だった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で384億円、売買高は1億1272万株だった。ハーモニックUTナカニシが下落した。一方、キャッシュレス決済による顔パス入場のシステムを導入すると23日発表したネクスウェアが急伸。大口受注を発表したナガオカは制限値幅の上限(ストップ高水準)で配分された。

東証マザーズ指数は反発した。終値は前日比0.24ポイント(0.03%)高い927.50だった。売上高予想を上方修正したアンファクが買われた。サンバイオ、オンコリスそーせいなどバイオ・医薬品銘柄も上昇した。半面、1~3月の最終赤字幅が拡大したアンジェスが指数を押し下げたほか、ジーエヌアイが下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム