時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,908,297億円
  • 東証2部 67,233億円
  • ジャスダック 93,868億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.17倍 --
株価収益率18.60倍22.14倍
株式益回り5.37%4.51%
配当利回り2.10% 1.83%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,329.94 -88.21
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,340 -50

[PR]

国内株概況

新興株13日 ジャスダック3年2カ月ぶり安値、マザーズは7年1カ月ぶり安値

2020/3/13 15:48
保存
共有
印刷
その他

13日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は3日続落した。終値は前日比172円10銭(5.82%)安い2783円78銭と、2017年1月17日以来およそ3年2カ月ぶりの安値をつけた。新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、世界経済が減速するとの警戒感から、個人投資家が主力銘柄を中心に売りを膨らませた。信用取引の追加担保の差し入れ義務(追い証)を回避する目的での売りも出た。後場に東証1部の主力銘柄が下げ渋ると、新興市場でも一部に自律反発の買いが入った。

ジャスダック市場の売買代金は概算で578億円、売買高は1億4242万株だった。ワークマンマクドナルドセリアが下落した。半面、ハーモニックが後場に上昇に転じたほか、メディシノバが買われた。

東証マザーズ指数も3日続落した。終値は前日比34.51ポイント(5.75%)安い565.31と、2013年2月26日以来およそ7年1カ月ぶり安値をつけた。そーせいJTOWERAmaziaが下落した。一方、新たなコロナ関連材料を発表したアンジェスが大幅高となり、同市場の売買代金の1割超を占めた。エコモットも買われた。

13日、マザーズ市場に上場したフォースタの終値は2000円で、初値を372円(22.9%)上回った。9時12分、公募・売り出し価格(公開価格、1770円)を142円(8.0%)下回る1628円で初値を付けた。

同日、同市場に上場したリグアの終値は1820円で、初値を90円(4.7%)下回った。9時04分、公開価格(1950円)を40円(2.1%)下回る1910円で初値を付けた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム