時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,143,645億円
  • 東証2部 66,778億円
  • ジャスダック 93,147億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.32倍23.59倍
株式益回り5.17%4.23%
配当利回り2.02% 1.34%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,863.73 +167.99
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
22,870 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

2020年 株主総会のポイント [映像あり]

日経CNBCコメンテーター 崔 真淑

2020年6月5日

10兆円予備費「緊急の経費に限定」 官房長官 [映像あり]

米ガソリン価格が反発 4月安値から1割高

2020年6月5日

[PR]

国内株概況

新興株3日、ジャスダック、マザーズともに続落 オンライン医療や消費関連に売り

2020/4/3 15:27
保存
共有
印刷
その他

3日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は5日続落した。終値は前日比43円21銭(1.50%)安い2834円93銭だった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた外出自粛要請が続くなか企業業績の悪化懸念は根強く、新興市場でも消費関連銘柄を中心に幅広い銘柄で売りが出た。

ジャスダック市場の売買代金は概算で313億円と、2019年10月3日以来の少なさだった。売買高は7452万株。ワークマンあさくまシダックスが下落した。一方、OSGコーポマクドナルドは上昇した。

東証マザーズ指数は3日続落した。終値は前日比19.37ポイント(3.16%)安い593.63と、3月23日以来、約2週間ぶりに600ポイントを下回った。日本株全体が軟調に推移するなか、指数寄与度の高いメルカリそーせいなどが下落した。

このところ買いを集めていたメドレーやMRTなどのオンライン医療関連が大幅に下落した。一方で、ネットを通じた動画視聴の伸びが追い風となるとみられたUUUMなどの動画サイト関連や、ランサーズなどの在宅ワーク関連に買いが集まっていた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム