2019年9月16日(月)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,129,692億円
  • 東証2部 68,470億円
  • ジャスダック 89,193億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率14.24倍14.08倍
株式益回り7.02%7.10%
配当利回り2.04% 2.05%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,988.29 +228.68
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,800 +170

[PR]

国内株概況

新興株2日 ジャスダック、マザーズが反発、個人が押し目買い

2017/8/2 15:23
保存
共有
印刷
その他

2日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は4営業日ぶりに反発した。終値は前日比24円43銭(0.74%)高い3326円29銭だった。前日の米株高を受けて投資家心理が改善。新興株市場では時価総額の大きい銘柄を中心に物色する動きが広がった。指数は前日まで下落し続けていたため、業績期待の高い銘柄を中心に個人投資家の押し目買いが優勢になった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で550億円、売買高は9548万株だった。ハーモニックブロッコリーセリアが上昇した半面、アエリアラクオリアが下落。今期の減益見通しを発表したセプテニHDが下げた。

前日に4%近く下げた東証マザーズ指数は5営業日ぶりに反発。終値は前日比17.03ポイント(1.54%)高い1125.90だった。遺伝子治療薬への期待からアンジェスが上昇。分裂したビットコインに混乱が生じなかったことを好感し、インフォテリが買われた。アカツキの上げが目立った。一方、サイステップやIIF、弁護士COMが下げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。