7/14 16:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 東エレク3万円、アドテスト7000円 みえた株価の「壁」[有料会員限定]
  2. 2位: 米ファイザーの新型コロナワクチン、FDAが優先審査
  3. 3位: 富士通ゼ、20年来の「守り」脱却 2大投資・還元最高に[有料会員限定]
  4. 4位: 日経平均が反落、終値197円安の2万2587円
  5. 5位: コロナ下、動き出す消費 家電や自転車に給付金需要[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,001,120億円
  • 東証2部 68,095億円
  • ジャスダック 92,082億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率18.90倍20.42倍
株式益回り5.28%4.89%
配当利回り2.06% 1.73%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,587.01 -197.73
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,570 -140

[PR]

国内株概況

新興株2日 ジャスダック13日続伸、マザーズは18年12月以来の高値 個人の買い続く

2020/6/2 15:32
保存
共有
印刷
その他

2日の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は13日続伸し、終値は前日比15円24銭(0.44%)高い3447円57銭と、2月27日以来の高値を付けた。13日連続で上昇するのは2019年11月22日~12月11日(14日連続)以来の記録。国内外で経済活動の再開が本格化し、投資家心理が一段と改善した。個別の好材料の出た銘柄に買いが続いた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で740億円、売買高は1億7698万株だった。ワークマン燦キャピタルプロルートが上昇した。半面、テラ東洋合成KeyHは下落した。

東証マザーズ指数は3日続伸した。終値は前日比12.20ポイント(1.22%)高い1014.99と、18年12月4日以来の高値を付けた。アンジェスFRONTEOが上昇したほか、テレワーク導入支援サービスへの期待が高まったサーバワクスが買われた。一方、UUUMメルカリが下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム