時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,063,386億円
  • 東証2部 54,055億円
  • ジャスダック 71,682億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 0.96倍 --
株価収益率12.05倍13.24倍
株式益回り8.29%7.54%
配当利回り2.53% 2.53%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 17,820.19 +1.47
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
17,680 -180

[PR]

国内株概況

新興株12日、ジャスダック小反落、マザーズ反発 利益確定売り優勢、ジモティー大商い

2020/2/12 15:35
保存
共有
印刷
その他

12日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は小幅ながら反落した。終値は前営業日比4円71銭(0.12%)安い3815円32銭だった。高値圏で推移していた銘柄を中心に利益確定売りが優勢だった。受注の底入れ期待からハーモニックが買われたほか、新型肺炎の関連銘柄の売買が目立った。

ジャスダック市場の売買代金は概算で626億円、売買高は8330万株だった。ワークマン重松製興研が下落した。半面、中京医薬ホロンは上昇した。

東証マザーズ指数は3営業日ぶりに反発した。終値は前営業日比11.59ポイント(1.38%)高い852.49と、1月24日以来およそ2週間ぶりの高値だった。2020年12月期が大幅増益となる見通しを発表したJIAのほか、Aimingが買われた。7日に新規上場したジモティーは商いを伴って上昇した。半面、ジーエヌアイTKPが下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム