時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,530,280億円
  • 東証2部 75,298億円
  • ジャスダック 99,041億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.25倍 --
株価収益率15.19倍15.97倍
株式益回り6.58%6.26%
配当利回り1.88% 1.89%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,443.07 +51.21
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,460 +90

[PR]

国内株概況

新興株31日 ジャスダックとマザーズが続伸 時価総額大きい銘柄に買い

2018/10/31 15:50
保存
共有
印刷
その他

31日の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は続伸した。終値は前日比63円28銭(1.81%)高い3563円17銭だった。日経平均株価の大幅高が追い風となり投資家心理が改善し、新興株市場でも時価総額の大きい銘柄を中心に買われた。市場からは「ソニーなどの好決算を見て、個人投資家の雰囲気が変わった」(SBI証券の鈴木英之投資調査部長)との見方があった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で595億円、売買高は8345万株。電通がTOB(株式公開買い付け)を実施するセプテニHDは制限値幅の上限(ストップ高水準)まで買われ、ジャスダック市場の値上がり率トップ。そのほか、ハーモニックテセックが上昇した。半面、LCHDウエストHDは下落した。

東証マザーズ指数は続伸した。終値は前日比37.46ポイント(4.31%)高い907.56だった。ALBERTやメルカリが上昇した。一方で、農業総研弁護士COMは下落した。30日に新規上場したVNXはストップ高水準まで買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム