時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,521,749億円
  • 東証2部 75,154億円
  • ジャスダック 98,661億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.25倍 --
株価収益率15.17倍15.94倍
株式益回り6.59%6.26%
配当利回り1.89% 1.89%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,424.81 +32.95
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,400 +90

[PR]

国内株概況

新興株21日 ジャスダック、マザーズ下落 心理悪化で主力株に売り

2019/11/21 15:25
保存
共有
印刷
その他

21日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は続落した。終値は前日比5円65銭(0.16%)安い3586円75銭だった。米中関係の悪化懸念から日本株相場全体が軟調に推移し、新興市場でも主力株を中心に投資家心理の悪化を映した売りが優勢だった。もっとも個別材料を発表した銘柄の一角には買いが入り、指数は上げに転じる場面もあった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で520億円、売買高は1億1519万株だった。ハーモニックワークマントレイダーズが下落した。半面、軟骨再生シートについて米で特許許可通知が出たと発表したセルシードやサブライセンス契約を発表したラクオリアが上昇した。

東証マザーズ指数は小幅ながら5営業日ぶりに反落し、終値は0.90ポイント(0.10%)安の879.77だった。ただ先高観は強く、朝方に上げる場面もあった。ジーエヌアイアンジェス、韓国からの訪日客の大幅減が嫌気されたハナツアーJが軟調だった。一方、マネフォそーせいが上昇した。

21日に東証マザーズ市場に新規上場した24セブンは買い気配で始まり、9時19分に公募・売り出し価格(公開価格、3420円)を380円(11%)上回る3800円で初値を付けた。終値は4200円と初値を上回った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム