2018年10月22日(月)

10/22 15:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 東証後場寄り 上昇に転じる 上げ幅100円超、上海株高に日銀ETF買い観測も
  2. 2位: 東証前引け 続落、業績や米ロ緊張に懸念 上海株高で下げ渋る
  3. 3位: 150年の歴史が示す米株と長期金利の関係[有料会員限定]
  4. 4位: 日経平均、上げに転じる 中国・上海株の上昇率が4%超に
  5. 5位: 上海総合指数、上昇率一時3%超 企業・市場支援策を材料視[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,374,859億円
  • 東証2部 90,110億円
  • ジャスダック 100,308億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.28倍 --
株価収益率14.15倍14.39倍
株式益回り7.06%6.94%
配当利回り1.73% 1.79%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,614.82 +82.74
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,630 +100

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

10月22日(月)14:18

官房長官 携帯電話事業「寡占なくさないといけない」[映像あり]

ドコモショップ予約制に 長い待ち時間を政府が問題視

10月22日(月)13:05

[PR]

国内株概況

新興株11日 ジャスダックとマザーズ大幅安、世界株安を嫌気

2018/10/11 15:54
保存
共有
印刷
その他

11日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は大幅に反落した。終値は前日比83円32銭(2.21%)安い3678円69銭となり、8月21日以来およそ1カ月半ぶりの安値を付けた。10日の米国株の急落をきっかけに日本やアジアの株式相場も下げ、投資家心理が悪化。新興企業株にも個人投資家などから運用リスクを回避する目的の売りが膨らんだ。

時価総額上位の主力株が軒並み下げた。「全面的な株安のなか、損失の拡大を避けようとする個人投資家の売りが殺到した」(証券ジャパンの大谷正之調査情報部長)という。「海外投資家からの売り圧力が強かった」(国内証券)との声もあった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で1042億円と3月16日以来の高水準だった。売買高は2億3755万株。テリロジーハーモニックBBSecが下落した。半面、フィスコシンバイオは上昇した。

東証マザーズ指数も大幅に反落した。終値は前日比48.20ポイント(4.81%)安の952.90で8月21日以来の安値。下落率は3月5日以来の大きさだった。ALBERTやメルカリ、ミクシィが下げた。一方、プロレドATAOエーアイが上げた。

ジャスダック平均、マザーズ指数ともに午前に年初来安値を下回る局面があった。だが「個人投資家の押し目買いが入った」(国内証券)といい、午後にやや下げ渋った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム