/

新興株1日 ジャスダック続伸、マザーズ年初来高値 値動き着目の買い

1日の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は続伸した。終値は前日比11円83銭(0.33%)高い3543円77銭だった。東証1部の主力株の方向感が乏しい展開のなか、相対的に値動きが大きい新興株に投資家の買いが集まった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で554億円、売買高は9467万株と、8月21日以来およそ1週間ぶりに1億株を下回った。出前館ワークマンBBタワーが上昇した。一方、アビックスウチダエスコハーモニックが下落した。

東証マザーズ指数は続伸した。終値は前日比32.87ポイント(2.93%)高い1154.51で、年初来高値を更新した。

きょうからポイント還元策「マイナポイント」が始まり、自治体からマイナンバーカード利用を促すコンサルティング業務を受注しているITbookには思惑的な買いが入った。このほか、次世代の移動サービス「MaaS(マース)」事業で業務提携すると発表した駅探は制限値幅の上限(ストップ高水準)まで買われた。半面、PSSアンジェスイグニスは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン