7/13 2:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「出遅れ日本」の目覚め 投資の好機とみる海外勢[有料会員限定]
  2. 2位: 企業価値、コロナで一変 リーマン以来の順位激動[有料会員限定]
  3. 3位: 「コロナTOB」にくすぶる不満 ファミマが異例の高値[有料会員限定]
  4. 4位: 自社株を役員報酬、導入5割増 株主視点の経営促す[有料会員限定]
  5. 5位: 最高値でも個人が金投資 安全資産として長期保有[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,859,760億円
  • 東証2部 67,452億円
  • ジャスダック 91,493億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率18.46倍19.96倍
株式益回り5.41%5.00%
配当利回り2.11% 1.74%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,290.81 -238.48
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,290 -190

[PR]

国内株概況

新興株1日 ジャスダック12日続伸、マザーズは1年半ぶりに1000回復

2020/6/1 15:52
保存
共有
印刷
その他

1日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は12日続伸し、前週末比17円28銭(0.51%)高い3432円33銭で終えた。2月27日以来3カ月ぶりの高値を付けた。12日続伸は2019年11月22日~12月11日(14日連続)以来の連騰記録。国内の新型コロナウイルス感染拡大が落ち着き、東京都が1日から幅広い業種で休業要請を緩和したことで、経済活動の再開が進むとの見方から個人投資家などの買いが続いた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で778億円、売買高は2億219万株だった。ワークマン燦キャピタルチエルが上昇した。半面、テラKeyHマクドナルドは下落した。

東証マザーズ指数は続伸した。終値は前週末比20.36ポイント(2.07%)高い1002.79と1000台を回復し、18年12月5日以来1年半ぶりの高値を付けた。PSS弁護士COMUUUMが上昇した。一方、アンジェスジーエヌアイF―ブレインが下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム