8/15 0:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 任天堂「スイッチ」、中古でもなお新品の1割高[有料会員限定]
  2. 2位: 在宅特需、相次ぐ意外な成長企業 ミシン・屋外用机…[有料会員限定]
  3. 3位: 米中リスクじわり再燃 「新・中国関連株」に売り圧力[有料会員限定]
  4. 4位: 4大監査法人、IPO業務回避が顕著に 「監査難民」解消見えず[有料会員限定]
  5. 5位: ラオックス、希望退職に114人応募 募集の半分以下に
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,192,384億円
  • 東証2部 68,283億円
  • ジャスダック 94,588億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.52倍23.99倍
株式益回り5.12%4.16%
配当利回り2.01% 1.76%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,289.36 +39.75
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
23,280 +70

[PR]

国内株概況

新興株30日 ジャスダック反発、マザーズは4日続落 グッドパッチ売買成立せず

2020/6/30 15:55
保存
共有
印刷
その他

30日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は4営業日ぶりに反発した。終値は前日比6円66銭(0.19%)高い3442円90銭だった。7月以降も新規株式公開(IPO)が続き、新興市場には新規資金が流入するとの期待から、買いが優勢になった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で796億円、売買高は3億6753万株だった。テイツーGMO-APリプロセルが上昇した。半面、テラサムライJPワークマンは下落した。

29日に東証ジャスダック市場に新規上場したエブレンは上場2日目のきょう、初めて取引が成立し初値(5000円)を365円(7.3%)下回る4635円で取引を終えた。午前に公募・売り出し価格(公開価格、1350円)の3.7倍の初値を付けた。

東証マザーズ指数は4日続落した。終値は前日比6.50ポイント(0.64%)安い1012.11だった。アンジェスメルカリ弁護士COMが下落した。一方、すららネットPSSそーせいが上昇した。個人投資家からの利益確定売りが出たほか、新規株式公開(IPO)に向けて手元資金を確保するため、バイオ関連やIT(情報技術)関連の一角に換金売りが出ているとの指摘もあった。

きょう東証マザーズ市場に新規上場したグッドパッチは買い気配のまま売買が成立せず上場初日の取引を終えた。気配値を公開価格(690円)の2.3倍にあたる1587円に切り上げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム