/

新興株前引け ジャスダックが続落、マザーズ反落 コロナ拡大を警戒、アララは売買不成立

19日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は続落した。前引けは前日比2円29銭(0.06%)安い3574円75銭となった。18日、国内で新型コロナウイルス感染の新規感染者数が初めて2000人を超え、感染拡大に伴う景気の減速を警戒した売りが優勢だった。外食制限の懸念などから宅配の需要増加の思惑もあり出前館が買われた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で305億円、売買高は4999万株。マクドナルドリバーエレウエストHDが下落した。半面、セプテニHDワークマンハーモニックは上昇した。

東証マザーズ指数は反落した。前引けは前日比0.58ポイント(0.05%)安い1194.06だった。AIinsBASEJIGSAWが下落した。一方で、T&SアンジェスHENNGEは上昇した。

19日に上場したアララは寄り付き後から買い注文が膨らみ、午前は取引が成立しなかった。前引け時点の気配値は2450円と、公開価格(1400円)を75%上回った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン