時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,711,400億円
  • 東証2部 68,136億円
  • ジャスダック 100,030億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.30倍 --
株価収益率21.40倍27.07倍
株式益回り4.67%3.69%
配当利回り1.86% 1.66%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 26,421.45 +124.59
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
26,370 -10

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

[映像あり]

Abalance 光行 康明社長

2020年11月25日

東京都、28日から時短営業要請へ 飲食店など3週間メド [映像あり]

官房長官、尖閣巡り懸念伝達中国外相と会談

2020年11月25日

[PR]

国内株概況

新興株前引け マザーズが一時2年2カ月ぶり高値、ジャスダック続伸

2020/8/19 11:59
保存
共有
印刷
その他

19日午前の新興企業向け株式市場で東証マザーズ指数は続伸した。前引けは前日比23.58ポイント(2.17%)高い1110.44だった。一時は1111.75まで上昇し、取引時間中としては2018年6月以来2年2カ月ぶりの高値を付けた。フリーやBASEなどが上昇し、マザーズ指数を押し上げた。IT(情報技術)関連などテーマ物色も続いた。

市場では「新興市場で売買代金が上位の銘柄に個人や海外投資家などの資金が集まり、循環物色の様相となっている」(岡三オンライン証券の伊藤嘉洋チーフストラテジスト)との受け止めがあった。

メルカリAIins、PSSが上昇した。一方、アンジェスジモティーメドピアは下落した。

日経ジャスダック平均株価は続伸した。前引けは前日比7円15銭(0.21%)高い3474円45銭となった。一時は3475円と、取引時間中としては2カ月ぶりの高値を付けた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で336億円、売買高は6505万株。出前館アクサスHDストリームMが上昇した。半面、ワークマンマクドナルドBBタワーは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム