5/31 4:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日産巨額赤字、シェア偏重で商品力にツケ[有料会員限定]
  2. 2位: タクシー→トラック 「運転手シェア」で苦境乗り切る[有料会員限定]
  3. 3位: 給付金で株投資 「将来に備え」ミレニアルも億り人も[有料会員限定]
  4. 4位: いつか見た「バリュー株」物色、旬は最長2カ月か[有料会員限定]
  5. 5位: 「トランプ劇場」再演も市場に配慮?(NY特急便)[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,968,269億円
  • 東証2部 64,622億円
  • ジャスダック 90,925億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率18.67倍24.41倍
株式益回り5.35%4.09%
配当利回り2.06% 1.29%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,877.89 -38.42
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
21,810 -220

[PR]

国内株概況

新興株前引け ジャスダック反落、マザーズ続落 ゼネテックは公開価格下回る

2020/3/19 12:05
保存
共有
印刷
その他

19日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は反落した。前引けは前日比43円89銭(1.54%)安い2803円61銭となった。新型コロナウイルスの感染拡大の終息が見通せないなか、企業業績を下押しするとの懸念が根強く売りが出た。「相場全体の急落を受けて低下した個人投資家の投資余力は戻っていない」(国内証券の情報担当者)のも相場の重荷だった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で202億円、売買高は4522万株。ワークマンハーモニックテリロジーが下落した。半面、マクドナルドセリアは上昇したほか、業績予想の上方修正と増配を18日に発表したグリムスも買われた。

東証マザーズ指数は続落した。前引けは前日比18.21ポイント(3.10%)安い568.42だった。メルカリそーせいサンバイオが売られた。一方、Sansanフリーメドレーは買われた。

同日ジャスダック市場に上場したゼネテックは公募・売り出し価格(公開価格、1700円)を4.7%下回る1620円で初値を付けた。前引け時点では1502円と初値を7.3%下回った。

きょうマザーズ市場に上場した関通は、買い気配のまま午前の取引を終えた。気配値は公募・売り出し価格(公開価格)の490円の1.77倍にあたる865円に切り上げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム