時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,413,851億円
  • 東証2部 73,279億円
  • ジャスダック 94,437億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.23倍 --
株価収益率14.92倍15.61倍
株式益回り6.70%6.40%
配当利回り1.92% 1.92%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,303.32 +161.77
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,340 +220

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

11月15日(金)14:19

メルカリ 100ヵ国以上で越境販売 BEENOSと提携[映像あり]

習主席 香港警察を「強く支持」 抗議活動を非難

11月15日(金)13:04

[PR]

国内株概況

新興株前引け ジャスダック、マザーズ反落 主力株に売り アンビスHD初値、公開価格上回る

2019/10/9 11:52
保存
共有
印刷
その他

9日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は反落した。前引けは前日比3円99銭(0.12%)安い3395円55銭となった。米中貿易協議への警戒感から日本株相場全般が軟調となり、新興市場でも個人投資家のリスク回避姿勢が強かった。指数が前日まで3日続伸していたことで、主力株を中心に利益確定目的の売りに押された。

ジャスダック市場の売買代金は概算で303億円、売買高は4955万株だった。前日に年初来高値を更新したワークマンマクドナルドが軟調だった。セリアも安い。一方、夢真HDプロルートは高い。

9日に新規上場したアンビスHDは買い気配で始まり、公募・売り出し価格(公開価格、2800円)を1460円(52.1%)上回る4260円で初値を付けた。午前の終値は4200円と初値を1.4%下回った。

東証マザーズ指数も反落した。前引けは8.63ポイント(0.99%)安の867.33だった。メルカリそーせいUUUMが安い。半面、ステムリムSansanは高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム