6/1 6:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米低格付け企業に逆風 ローン担保証券が新規発行減[有料会員限定]
  2. 2位: 大戸屋、対コロワイドで成長戦略 株主総会でどう判断[有料会員限定]
  3. 3位: ダイフク、上場来高値を支える3つの「D」[有料会員限定]
  4. 4位: AI運用、コロナ危機後に覚醒するか[有料会員限定]
  5. 5位: 総裁発言も変化 コロナ前に近づく日銀ETF購入[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,968,269億円
  • 東証2部 64,622億円
  • ジャスダック 90,925億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率18.67倍24.41倍
株式益回り5.35%4.09%
配当利回り2.06% 1.29%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,877.89 -38.42
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
21,810 -220

[PR]

国内株概況

新興株前引け ジャスダックとマザーズ続伸、好材料銘柄を個人が物色

2020/4/9 11:57
保存
共有
印刷
その他

9日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は続伸した。前引けは前日比28円13銭(0.95%)高い2984円12銭となった。短期的な値動きに着目する個人投資家が、好材料の出た銘柄や新型コロナの業績への悪影響が相対的に小さいと見込まれる銘柄に買いを入れた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で272億円、売買高は7380万株。ワークマンテリロジーが上昇した。新型コロナの対応薬を米エール大学と共同で臨床試験を開始すると8日に発表したメディシノバが買われた。半面、リプロセルハーモニック中京医薬は下落した。

東証マザーズ指数は続伸した。前引けは前日比15.49ポイント(2.40%)高い662.07だった。マネフォメルカリが上昇し、指数を押し上げた。オンライン医療相談サービスを無料で提供すると8日に発表したポートは制限値幅の上限(ストップ高水準)まで買われた。一方、アンジェスメドレーそーせいは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム