2019年2月17日(日)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,032,659億円
  • 東証2部 74,389億円
  • ジャスダック 88,344億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率13.24倍13.62倍
株式益回り7.55%7.33%
配当利回り1.91% 2.00%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,900.63 -239.08
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,900 -290

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

2月15日(金)14:14

マイナンバーカードを保険証に 官房長官が指示[映像あり]

アマゾンがNY「第2本社」白紙に 地元の反対受け

2月15日(金)13:00

[PR]

国内株概況

新興株前引け ジャスダックとマザーズ続落 TDSEは買い気配続く

2018/12/18 12:03
保存
共有
印刷
その他

18日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は続落した。前引けは前日比45円83銭(1.33%)安の3390円71銭だった。世界経済の減速懸念から17日の米株式市場が大幅安になったことで投資家心理が悪化。日本の新興株市場でも時価総額の大きい銘柄を中心に、運用リスクの回避を目的とした売りが優勢だった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で329億円、売買高は5355万株。マクドナルドジャストプラツクイSTFが下げた。半面、テリロジーやジェネックス、IPSは上げた。

この日ジャスダック市場に新規上場した田中建設工業は公募・売り出し価格(公開価格、2400円)を7.1%上回る2570円で初値を付けた。午前の終値は2650円と、初値を上回った。

東証マザーズ指数も続落した。前引けは前日比21.72ポイント(2.38%)安い889.86だった。ALBERTメルカリジェネパが下落した。サンバイオエニグモピアラは上昇した。

同日、マザーズ市場に新規上場したTDSEは買い気配のまま午前の取引を終えた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム