時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,063,386億円
  • 東証2部 54,055億円
  • ジャスダック 71,682億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 0.96倍 --
株価収益率12.05倍13.24倍
株式益回り8.29%7.54%
配当利回り2.53% 2.53%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 17,820.19 +1.47
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
17,680 -180

[PR]

国内株概況

新興株前引け ジャスダックとマザーズ続落 主力株売り、新型コロナ関連に物色

2020/2/27 12:02
保存
共有
印刷
その他

27日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は続落した。前引けは前日に比べ46円71銭(1.30%)安い3547円77銭となった。一時3546円02銭まで下落し、2019年11月15日以来およそ3カ月ぶりの安値となった。新型コロナウイルスの世界的拡大を背景に日本株が軟調に推移するなか、新興市場でもワークマンなどの主力株を中心に幅広い銘柄が売られた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で318億円、売買高は6407万株。リプロセルマクドナルドホロンなどが下落した。半面、新型コロナの検査試薬開発に着手したと発表した医学生物が買われたほか、新型コロナ関連銘柄の一角である中京医薬重松製などが上昇した。

東証マザーズ指数は続落した。前引けは前日比24.19ポイント(3.10%)安い756.80だった。一時755.50まで下落し、18年12月25日以来およそ1年2カ月ぶりの安値を付けた。そーせいフリーSansanが下落した。一方、メドレーライフネットラクスは上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム