時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,466,761億円
  • 東証2部 76,452億円
  • ジャスダック 99,035億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.24倍 --
株価収益率15.03倍15.92倍
株式益回り6.65%6.28%
配当利回り1.91% 1.92%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,379.40 +163.69
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,360 +200

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「崔真淑のサイ視点」[映像あり]

1月29日(水)14:21

楽天会長 送料無料化「何が何でも成功させる」[映像あり]

英ファンドが帝繊維に株主提案 増配などを要求

1月29日(水)13:00

[PR]

国内株概況

新興株前引け ジャスダック反落、マザーズ続伸 アンジェス大幅高

2019/3/27 12:12
保存
共有
印刷
その他

27日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は小幅に反落した。前引けは前日比9円09銭(0.26%)安の3438円21銭だった。時価総額の大きな銘柄の一部に売りが出た。もっとも好材料の出た銘柄には個人投資家の買いが入り、ジャスダック平均は朝方の安値を底にじりじりと下げ渋った。

ジャスダック市場の売買代金は概算で278億円、売買高は5143万株。オプトエレハーモニック、ジェネックスが下落した。半面、ワークマンジョルダンシンバイオは上昇した。

東証マザーズ指数は続伸した。前引けは前日比20.53ポイント(2.18%)高の961.29だった。遺伝子治療薬の条件付き承認を取得したアンジェスが大幅上昇し、1銘柄で指数を6ポイントあまり押し上げた。医薬・バイオ関連のオンコリスそーせいなどがつれ高した。一方で、サンバイオロゼッタ、JIAは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム