/

新興株前引け マザーズ続落、ジャスダックは反落 ネット系中心に売り続く

17日午前の新興企業向け株式市場で東証マザーズ指数は続落した。前引けは前日比45.92ポイント(3.73%)安い1186.00だった。13日に決算を発表したメドレーBASEなどに引き続き売りが膨らみ、指数を押し下げた。デジタル化の恩恵を受けるとして好業績期待の高かったITbookが16日発表の決算で赤字が拡大し売られたほか、AIinsメルカリも下落した。一方で、サイバダインJTOWERエヌピーシーは上昇した。

日経ジャスダック平均株価は反落した。前引けは前日比22円99銭(0.64%)安い3579円60銭となった。ジャスダック市場の売買代金は概算で353億円、売買高は6414万株。ウエストHD出前館ワークマンが下落した。半面、不二硝マクドナルドSEMTECは上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン