時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,420,362億円
  • 東証2部 58,002億円
  • ジャスダック 77,609億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.02倍 --
株価収益率12.89倍14.19倍
株式益回り7.75%7.04%
配当利回り2.34% 2.34%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 19,345.77 -7.47
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
19,490 +570

[PR]

国内株概況

新興株前引け ジャスダック上昇、マザーズ下落 サンバイオに売り膨らむ

2019/12/16 11:52
保存
共有
印刷
その他

16日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は続伸し、前引けは前週末比19円60銭(0.52%)高の3756円99銭だった。ワークマンが上場来高値を更新するなど、好業績銘柄に機関投資家の買いが集まった。金利上昇が一服して、株価指標面で割高感のある内需銘柄への買いが入りやすい面もあった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で443億円、売買高は4975万株。セリアニューフレアメイコーが上昇した。半面、大塚家具日本一ソフトフェローテクは下落した。

東証マザーズ指数は続落し、前引けは前週末比10.26ポイント(1.16%)安の875.01だった。大日本住友と慢性期脳梗塞向け医薬品の共同開発に関する契約を解消すると発表したサンバイオに売りが膨らみ、指数を押し下げた。そーせいなど他のバイオ株にも売りが波及した。マクアケやホープAmaziaが下げた。スマレジエディアメルカリは上昇した。

東証マザーズ市場に上場したランサーズは9時25分に公募・売り出し価格(公開価格)を15.3%上回る842円で、同じくマザーズに上場したJMDCは9時59分に公開価格を32.5%上回る3910円で、それぞれ初値を付けた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム