時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,908,297億円
  • 東証2部 67,233億円
  • ジャスダック 93,868億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.17倍 --
株価収益率18.60倍22.14倍
株式益回り5.37%4.51%
配当利回り2.10% 1.83%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,329.94 -88.21
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,340 -50

[PR]

国内株概況

新興株前引け ジャスダックとマザーズ続伸、IT関連に買い

2020/7/6 11:52
保存
共有
印刷
その他

6日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は続伸した。前引けは前週末比30円24銭(0.89%)高い3416円87銭となった。東証1部の主要株が上昇し、新興市場でもリスクを取りやすくなった投資家が好材料の出たIT(情報技術)銘柄などを中心に買いを入れた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で450億円、売買高は1億3088万株。テラジェクシードワークマンが上昇した。半面、ケイブGMO-APIPSが下落した。

東証マザーズ指数は続伸。前引けは前週末比6.91ポイント(0.71%)高い984.76だった。BASEやステムリムメルカリが上昇した。一方、アンジェスPSSオンコリスなどバイオ関連には売りが目立った。

市場では「バイオ関連による売りが再び膨らめばマザーズ指数の下落につながるとの警戒もあり、個人の押し目買い意欲は前週と比べやや低調だ」(国内証券の調査担当者)との見方があった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム