9/25 17:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,187,183億円
  • 東証2部 67,337億円
  • ジャスダック 96,720億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.54倍24.75倍
株式益回り5.11%4.04%
配当利回り1.94% 1.72%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,204.62 +116.80
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,030 +110

[PR]

国内株概況

新興株前引け ジャスダックとマザーズ反落 コパは公開価格上回る

2020/6/25 12:07
保存
共有
印刷
その他

25日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は反落した。前引けは前日比21円84銭(0.62%)安い3490円01銭となった。世界で新型コロナウイルスの感染拡大が続き、経済活動の冷え込みにつながるとの見方から個人の投資意欲が後退し、売りが優勢だった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で397億円、売買高は1億6994万株。マクドナルドGFAが買われたほか、ヤマダ電社長が代表権のある会長に就任すると前日に発表した大塚家具は上昇した。半面、テラワークマンKeyHは下落した。

東証マザーズ指数は反落した。前引けは前日比9.88ポイント(0.93%)安い1050.44だった。アンジェスそーせいが上昇したほか、サンバイオは開発している再生細胞薬が指定医薬品に選ばれたと発表し、資金が集まった。前日上場したロコガイドは商いを伴って上昇した。一方、弁護士COMAIins、ITbookは下落した。

24日にマザーズ市場に上場したコパは上場2日目のきょう、9時5分に公募・売り出し価格(公開価格、2000円)を2530円上回る2.2倍の4530円で初値を付けた。

同じく上場2日目のフィーチャは買い気配のまま午前の取引を終えた。気配値を公募・売り出し価格(公開価格、520円)の3.9倍にあたる2036円に切り上げた。

市場では「公開価格を上回る初値を付けたロコガイドとコパの状況をみても新規株式公開(IPO)銘柄の関心が高い。下がった局面では押し目待ちの買いが他の新興株にも入りやすい地合いだ」(国内証券の調査担当者)との見方があった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム