8/3 22:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,821,515億円
  • 東証2部 66,066億円
  • ジャスダック 91,884億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率18.36倍20.78倍
株式益回り5.44%4.81%
配当利回り2.12% 1.84%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,195.38 +485.38
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,090 +330

[PR]

国内株概況

新興株前引け マザーズ続落、サンバイオ安が重荷 ジャスダック続伸

2019/2/5 12:08
保存
共有
印刷
その他

5日午前の新興企業向け株式市場で東証マザーズ指数は小幅に続落した。前引けは前日比3.62ポイント(0.41%)安の875.68だった。創薬ベンチャーのサンバイオ株の大幅安が指数を押し下げた。日経平均株価の下落も個人投資家の心理を圧迫し、買い手控えを促した。

サンバイオ株は前日比1180円(31.8%)安の2530円で終え、1銘柄でマザーズ指数を12ポイントあまり下押しした。同銘柄の取引が大引け前に成立したのは1月29日以来5営業日ぶり。4日まで4日連続で制限値幅の下限(ストップ安)となる水準まで下げ、大引けで取引が成立していた。前引け時点の売買代金は635億円で、東証1部を含む全市場で首位だった。

あかつき証券の藤井知明投資調査部長は「サンバイオ株の動向を気にして売買を控えていた個人投資家が多かったが、きょう場中に売買が成立したことで安心感が出る可能性がある」と話していた。マザーズ市場ではこのほかトレンダやベルトラが下げ、UUUMそーせいは上昇した。

日経ジャスダック平均株価は小幅に続伸した。前引けは前日比1円95銭(0.06%)高い3402円01銭だった。ジャスダック市場の売買代金は概算で217億円、売買高は3802万株。EAJアイサンテクが上昇し、アエリア夢の街創造は下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム