時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,921,476億円
  • 東証2部 67,671億円
  • ジャスダック 90,263億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率18.66倍20.61倍
株式益回り5.35%4.85%
配当利回り2.09% 1.62%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,306.48 +160.52
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,280 +100

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

ソニー系、Facebookへの広告出稿を停止 [映像あり]

米ビザ制限、日系企業1400人超に影響 赴任に支障

2020年7月3日

イナゴの大群の心理学 [映像あり]

日経CNBCコメンテーター 大川 智宏

2020年7月2日

[PR]

国内株概況

新興株前引け 続落 ロジザードとキャンディルが初値

2018/7/5 12:07
保存
共有
印刷
その他

5日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は4日続落した。午前終値は前日比33円77銭(0.90%)安の3723円12銭だった。6日に米中相互の追加関税発動を控え、日本株のなかで主力銘柄と比べて価格変動リスクが高い新興企業株には売りが優勢となった。個人投資家は「いったんリスク回避姿勢を取り、現金化を進めている」(カブドットコム証券の河合達憲・投資ストラテジスト)ようだ。

ジャスダック市場の売買代金は概算で312億円、売買高は7160万株だった。サムライJPKeyHハーモニックが下落した。半面、ダイヤ通商ナカニシフェローテクは上昇した。

東証マザーズ指数も4日続落した。午前終値は前日比22.66ポイント(2.19%)安の1012.43だった。シェアテクユーザベースそーせいが下げた。一方、ALBERTミクシィ弁護士COMは上げた。指数に寄与しない直近に新規上場した銘柄に売買が集まったのも指数の下落の背景だったようだ。エーアイが商いを伴って上昇した半面、ZUUやアイピーエスなどは売られた。

4日にマザーズに上場したロジザードは5日午前、2500円の初値を付けた。公募・売り出し(公開)価格である900円の2.8倍となった。午前終値は2591円だった。5日にマザーズに上場したキャンディルも午前中に取引が成立し初値は1800円だった。公開価格の1180円を52.5%上回った。午前終値は1560円と初値からは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム