時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,177,097億円
  • 東証2部 71,042億円
  • ジャスダック 92,947億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率14.36倍14.25倍
株式益回り6.96%7.01%
配当利回り1.99% 2.00%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,548.90 +56.22
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,570 +110

[PR]

国内株概況

新興株前引け ジャスダックとマザーズが下落、内需株上昇は支え

2019/9/4 11:50
保存
共有
印刷
その他

4日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は反落し、前日比4円40銭(0.13%)安の3294円57銭で終えた。前日発表の8月の米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数が市場予想を下回り、米景気減速の懸念が意識された。東証1部で景気敏感株が下げると、新興市場でも半導体関連株や設備投資関連株への売りが優勢になった。一方、好業績が期待される内需株の一角に資金が集まり、相場を支えた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で216億円、売買高は3143万株。ハーモニックフェローテクUTが下落した。半面、ワークマンマクドナルドジョルダンが上昇した。

東証マザーズ指数は反落し、前日比4.69ポイント(0.55%)安の846.40で午前の取引を終えた。サンバイオアンジェスそーせいなどバイオ関連銘柄の下げが目立った。サマンサJP弁護士COMインパクトは上げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム