10/23 20:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,211,235億円
  • 東証2部 68,226億円
  • ジャスダック 98,437億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.75倍24.83倍
株式益回り5.06%4.02%
配当利回り1.95% 1.73%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,516.59 +42.32
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,490 -10

[PR]

国内株概況

新興株前引け ジャスダックが反落、マザーズ続伸 「デジタル庁」関連に買い

2020/9/24 12:07
保存
共有
印刷
その他

24日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は小反落した。前引けは前日比5円03銭(0.14%)安い3604円83銭だった。大型の小売り関連銘柄などが売られた半面、菅義偉新政権の「デジタル庁」構想を背景に情報通信銘柄の一角に資金流入が続いた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で407億円、売買高は1億891万株。ワークマンセリアマクドナルドなどが下落した。半面、オンライン教育のチエルや、ウェブサイトのコンサルティングを手掛けるSpeeeなどは上昇した。

東証マザーズ指数は続伸した。前引けは前日比3.27ポイント(0.27%)高い1216.26だった。新興市場で売買代金首位だったBASEは高値を更新した。そのほかITbookやすららネットOTSなどが上昇した。半面、アンジェスサンバイオそーせいなどのバイオ・医薬関連は下落した。

きょうマザーズ市場に新規上場したトヨクモ、ジャスダック市場に新規上場したまぐまぐグラフィコはいずれも買い気配のまま午前に取引が成立しなかった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム