/

新興株前引け ジャスダック続伸、マザーズ反発 IT関連の一角が買われる

24日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は続伸した。前引けは前営業日比32円25銭(0.90%)高い3616円60銭だった。新型コロナウイルスのワクチン開発進展を受けて前日の米株式相場が上昇し、投資家心理が上向いた。民主党のバイデン前副大統領への政権移行を巡る不透明感が和らいだことも支援材料。最近調整していたIT関連銘柄の一角が買われた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で376億円、売買高は6792万株。ハーモニックワークマン出前館などが上昇した。半面、マクドナルド不二硝中京医薬などは下落した。

東証マザーズ指数は反発した。前引けは前営業日比30.16ポイント(2.52%)高い1228.52だった。BASEやメルカリAIinsなど新興IT関連の値がさ株が上昇した。半面、そーせいJTOWERGMO-FGなどは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン