時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,711,400億円
  • 東証2部 68,136億円
  • ジャスダック 100,030億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.30倍 --
株価収益率21.40倍27.07倍
株式益回り4.67%3.69%
配当利回り1.86% 1.66%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 26,446.50 +149.64
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
26,420 +40

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

[映像あり]

Abalance 光行 康明社長

2020年11月25日

東京都、28日から時短営業要請へ 飲食店など3週間メド [映像あり]

官房長官、尖閣巡り懸念伝達中国外相と会談

2020年11月25日

[PR]

国内株概況

新興株前引け マザーズが一時18年1月24日以来の高水準 ジャスダックは小幅反発

2020/10/14 11:58
保存
共有
印刷
その他

14日午前の新興企業向け株式市場で東証マザーズ指数は反発した。前引けは前日比16.05ポイント(1.19%)高い1363.13だった。一時は1367.78と、取引時間中として2018年1月24日以来、およそ2年8カ月ぶりの高い水準まで上昇した。米経済対策などを巡る不透明感で東証1部銘柄が軟調に推移するなか、新興市場では外部環境の影響を受けにくいとして時価総額の大きい銘柄への資金流入が目立った。

市場からは「デジタル関連などテーマ性のある銘柄も多く、物色が続いているようだ」(国内証券の投資情報担当者)との声も聞かれた。メルカリフリー弁護士COMが上昇した。一方で、アンジェスHENNGEマネフォは下落した。

日経ジャスダック平均株価は小幅に反発した。前引けは前日比14銭高い3649円4銭となった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で440億円、売買高は9509万株。セリアCiメディカウエストHDが上昇した。半面、BBタワーワークマンマクドナルドは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム