6/3 15:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日経平均続伸、7年ぶり過熱でも「買い」の逆説[有料会員限定]
  2. 2位: 連続最高益途切れたダイキン、それでも攻める勝算[有料会員限定]
  3. 3位: バフェット氏の運用詳解 「短気」投資家で失敗も多く[有料会員限定]
  4. 4位: 日経平均、終値は288円高2万2613円 3日続伸
  5. 5位: 三菱重工、火力頼みの不安 純現金収支4000億円の赤字[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,056,955億円
  • 東証2部 65,647億円
  • ジャスダック 92,777億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率19.00倍24.73倍
株式益回り5.26%4.04%
配当利回り2.03% 1.29%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,613.76 +288.15
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
22,680 +310

[PR]

国内株概況

新興株前引け ジャスダック、マザーズともに続落 在宅関連などには買い

2020/4/3 12:01
保存
共有
印刷
その他

3日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は5日続落した。前引けは前日比12円40銭(0.43%)安い2865円74銭となった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた外出自粛要請が続くなか企業業績の悪化懸念は根強く、幅広い銘柄で売りが先行した。一方で、在宅勤務や動画サイト関連など足元の状況が追い風となるとみられる一部の銘柄には買いが集まっていた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で156億円、売買高は3865万株。新日本建物ワークマンは下落した。一方、マクドナルドは上昇した。

東証マザーズ指数は3日続落した。前引けは前日比5.41ポイント(0.88%)安い607.59だった。メドレーMRTなどオンライン医療関連銘柄や、ハナツアーJなどは下落した。一方、UUUMサーバワクス弁護士COMは上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム