時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,641,857億円
  • 東証2部 78,340億円
  • ジャスダック 102,238億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.27倍 --
株価収益率15.43倍16.31倍
株式益回り6.47%6.12%
配当利回り1.86% 1.86%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,083.51 +42.25
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
24,080 +50

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「岡崎良介の点と線」[映像あり]

1月20日(月)14:20

前田建設と前田道路 「親子」で異例の対立[映像あり]

すかいらーく 24時間営業を廃止 人手不足が背景

1月20日(月)13:00

[PR]

国内株概況

新興株前引け ジャスダックが続伸 マザーズは反落

2019/12/2 11:46
保存
共有
印刷
その他

2日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は続伸した。前引けは前週末比20円67銭(0.56%)高い3685円49銭となった。中国の景況感指数の改善を受けて東証株価指数(TOPIX)が上昇し、個人投資家などの心理が一段と上向いた。新興市場でも業績期待が高い銘柄を中心に物色する動きが続いた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で358億円、売買高は3334万株。ワークマンAKIBAチエルが上昇した。半面、ホロンシノケンGリバーエレは下落した。

東証マザーズ指数は反落した。前引けは前週末比1.17ポイント(0.13%)安い913.97だった。値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を上回ったものの、指数寄与度が高い時価総額上位のメルカリアンジェスミクシィなどの下落が重荷となった。一方でジーエヌアイフロンテオナノキャリアは上げた。

2日に名証セントレックス市場に新規上場した名南M&Aは買い気配で始まり、10時23分に公募・売り出し価格(公開価格、2000円)を900円(45%)上回る2900円で初値を付けた。前引けでは2838円と初値を下回った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム