時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,821,515億円
  • 東証2部 66,066億円
  • ジャスダック 91,884億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率18.36倍20.78倍
株式益回り5.44%4.81%
配当利回り2.12% 1.84%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,195.38 +485.38
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,090 +330

[PR]

国内株概況

新興株前引け ジャスダックが続落、マザーズは一時5%安 個人がリスク回避

2020/6/12 11:58
保存
共有
印刷
その他

12日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は続落した。前引けは前日比58円60銭(1.70%)安い3394円50銭となった。米国で新型コロナウイルスの感染再拡大への懸念が高まり、前日の米国株は大幅に下落。新興市場でも個人投資家のリスク回避姿勢が強まり、売りが優勢だった。

ただ、売り一巡後は下げ幅を縮めた。市場では「個人投資家の押し目買い意欲は衰えていない。低金利環境が当面続くとの見方が支えになりテレワーク関連やバイオ関連などの成長が期待できる銘柄には引き続き買いが入るだろう」(国内証券の情報担当者)との受け止めがあった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で652億円、売買高は1億6308万株。週刊誌の記事受けて新型コロナ治療薬開発を巡る懸念が持ち上がりテラが一時、制限値幅の下限(ストップ安水準)まで売られた。このほかワークマン燦キャピタルが下落した。半面、コックスマクドナルドリプロセルは上昇した。

東証マザーズ指数は続落した。前引けは前日比10.55ポイント(1.05%)安い996.59だった。一時は同51.53ポイント(5.1%)安い955.61まで下げた。サイバーセキOTSオンコリスが下落した。一方、アンジェスナノキャリアが上昇したほか、2019年11月~20年4月期の連結営業利益が増益となったと前日に発表したGAテクノは買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム