9/24 5:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ソフトバンク株1.2兆円売り出し きしむ証券営業[有料会員限定]
  2. 2位: マイナンバー、来年に口座と連動 政府がデジタル化推進[有料会員限定]
  3. 3位: 日本電産、隠れた優等生「機器装置」 不況期の支えに[有料会員限定]
  4. 4位: NYダウ続伸して始まる 一時120ドル高、ナイキが大幅高
  5. 5位: コロナで「未経験OK」求人減 人材市場、求ム即戦力[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,256,259億円
  • 東証2部 67,895億円
  • ジャスダック 97,876億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.23倍 --
株価収益率19.76倍24.95倍
株式益回り5.05%4.00%
配当利回り1.92% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,346.49 -13.81
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,190 -30

[PR]

国内株概況

新興株前引け ジャスダック、マザーズ続伸 日用品やテレワーク関連に買い

2020/5/12 12:03
保存
共有
印刷
その他

12日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は続伸した。前引けは前日比8円32銭(0.26%)高い3261円44銭だった。新型コロナウイルスの二次感染への警戒感が強まるなか、日用品やテレワーク、巣ごもり関連の銘柄などが買われた。

ジャスダック市場の売買代金は概算で420億円、売買高は1億1940万株。日用品のワークマンやプロルート出前館などが高い。半面、テイツーやテラは売られた。

東証マザーズ指数は続伸した。前引けは前日比6.43ポイント(0.77%)高い839.55だった。テレワーク関連の弁護士COMやサイバーセキ、すららネットPSSなどが高い。半面、アンジェスメルカリは安い。漫画アプリを手掛けるAmaziaは今期見通しを上方修正したが、材料出尽くしとの見方から売りが優勢だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム