時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,908,297億円
  • 東証2部 67,233億円
  • ジャスダック 93,868億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.17倍 --
株価収益率18.60倍22.14倍
株式益回り5.37%4.51%
配当利回り2.10% 1.83%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,329.94 -88.21
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,340 -50

[PR]

国内株概況

新興株前引け ジャスダックとマザーズ反発、自律反発狙いの買い

2020/3/2 12:06
保存
共有
印刷
その他

2日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は反発した。前引けは前週末比92円08銭(2.79%)高い3387円00銭となった。前週まで株価が急落した反動で、ワークマンなど時価総額の大きい主力銘柄を中心に個人投資家を中心とした自律反発狙いの買いが入った。

日銀の緊急談話を受け、日経平均株価が上昇に転じたのも新興市場の相場を支えた。ただ市場では「新型コロナウイルスの感染拡大が懸念され1~3月期の業績下振れ観測は強く、個人の買いは一時的」(国内証券の情報担当者)との見方もあった。

ジャスダック市場の売買代金は概算で382億円、売買高は8104万株。マクドナルドハーモニックホロンが上昇した。半面、出前館シンバイオ第一商品は下落した。

東証マザーズ指数は反発した。前引けは前週末比42.60ポイント(6.08%)高い743.23だった。一時は43.38ポイント(6.2%)高い744.01まで上昇する場面があった。底入れを見込んだ個人投資家が幅広い構成銘柄に対して打診買いに動いた。ジーエヌアイマネフォそーせいが上昇した。一方、メルカリカイオムすららネットは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム