/

新興株前引け ジャスダックは下落、マザーズは上昇 IPO銘柄への資金流入続く

2日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は下落した。前引けは前日終値(9月30日終値を10月1日終値と認定)と比べ4円64銭(0.13%)安い3612円35銭だった。小売り関連の値がさ株の下落が指数を押し下げた一方で、一部の直近IPO銘柄は上昇も目立った。

ジャスダック市場の売買代金は概算で492億円、売買高は4759万株。小売り関連のワークマンセリアが下落した。半面、直近IPOのまぐまぐやグラフィコなどが上昇した。

東証マザーズ指数は上昇した。前引けは前日比16.55ポイント(1.35%)高い1243.13だった。BASEマネフォなどが上昇した。半面、ギフティそーせいは下落した。

マザーズ市場にきょう新規上場したタスキ、9月29日と30日にそれぞれ新規上場したヘッドウォとアクシスはいずれも売買が成立しなかった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン