時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,041,427億円
  • 東証2部 65,695億円
  • ジャスダック 96,710億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率19.20倍24.43倍
株式益回り5.20%4.09%
配当利回り2.00% 1.77%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,977.13 -354.81
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
22,880 -440

[PR]

国内株概況

新興株前引け ジャスダック、マザーズ続伸 個人の投資意欲上向く

2020/7/21 11:52
保存
共有
印刷
その他

21日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は続伸した。前引けは前日比11円74銭(0.34%)高い3435円05銭となった。欧州連合(EU)が復興基金設立で合意する見通しとなり、財政支出が景気を下支えするとの見方から東証1部の主力株が上昇した。新興市場でも個人の投資意欲が上向き、好材料の出た銘柄に買いが入った。

ジャスダック市場の売買代金は概算で388億円、売買高は6807万株。3DM不二精機が上昇したほか、2020年1~6月期の連結純利益が大幅増になったと発表したGMO-FHが買われた。半面、テラやセリア大日光は下落した。

東証マザーズ指数は続伸した。前引けは前日比24.03ポイント(2.43%)高い1011.81だった。Aimingメルカリが上昇したほか、業務管理を支援する新サービスの提供を始めたと発表した弁護士COMには買いが入った。一方、アンジェスリボミックサイバーセキは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム