2018年6月24日(日)

6/24 16:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,579,780億円
  • 東証2部 100,669億円
  • ジャスダック 109,121億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.33倍 --
株価収益率14.64倍15.06倍
株式益回り6.83%6.63%
配当利回り1.61% 1.65%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,516.83 -176.21
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,460 -140

[PR]

国内株概況

新興株前引け ジャスダック続伸、マザーズは反落

2018/6/11 11:52
保存
共有
印刷
その他

 11日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は3日続伸し、前週末比8円85銭(0.22%)高の3950円46銭で前引けを迎えた。市場の関心が高い米朝首脳会談を12日に控え、システム開発など海外要因の影響を受けづらい内需銘柄が多い中小型株を物色する流れが広がった。

 ジャスダック市場の売買代金は概算で393億円、売買高は8000万株だった。情報システムを開発するサムライJPやセキュリティーサービスのセキュアヴェ、通信機器販売のテリロジーが上昇した。半面、創薬ベンチャーのラクオリアや精密減速機メーカーのハーモニックが下落した。

 東証マザーズ指数は3営業日ぶりに反落した。前引けは2.71ポイント(0.24%)安の1125.78だった。時価総額の大きいミクシィが下落し、指数の重荷となった。画像処理ソフトのモルフォや将棋アプリを手掛けるHEROZも下げた。一方、アプリ紹介サイトを運営するアップバンクや、再生細胞薬を開発するサンバイオが上げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

新着記事一覧

読まれたコラム