2019年9月19日(木)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,120,550億円
  • 東証2部 68,153億円
  • ジャスダック 89,382億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率14.22倍14.05倍
株式益回り7.03%7.11%
配当利回り2.04% 2.05%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,252.07 +291.36
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,990 +190

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「FOMC解説」[映像あり]

三菱UFJ銀行 鈴木 敏之

9月19日(木)08:30

崔真淑のサイ視点「粉飾決算を見抜く3つの作法」[映像あり]

GOB Incubation Partners CFO 村上 茂久

9月18日(水)14:19

[PR]

国内株概況

新興株前引け ジャスダック反落、マザーズ続伸 ブシロードは売買代金首位

2019/7/30 11:54
保存
共有
印刷
その他

30日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は小幅に反落した。前引けは前日比1円49銭(0.04%)安い3475円68銭だった。決算を受け上昇していた東映アニメなどに利益確定売りが優勢となり、指数を押し下げた。きょうは日経平均株価の上げ幅が100円を超えるなど東証1部では買いが優勢だが、好感した買いはハーモニックなど一部にとどまっている。

ジャスダック市場の売買代金は概算で154億円、売買高は3306万株。東映アニメのほかワークマン環境管理が下落した。ハーモニックのほかマクドナルドフェローテクの上昇は指数を支えた。

東証マザーズ指数は続伸した。前引けは前日比5.25ポイント(0.58%)高い904.40だった。アンジェスSHIFTKudanが上昇した。一方で弁護士COMロゼッタTKPは下落した。

29日にマザーズ市場に上場したブシロードの売買代金は前引け時点で75億円と、新興市場で首位だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。