/

東証大引け、4日続伸 一時1万7000円 中国経済の不安後退

19日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸し、前日比35円30銭(0.21%)高の1万6998円91銭で終えた。一時は心理的な節目となる1万7000円を上回る場面もあった。午前発表の中国の経済指標が市場予想に沿った結果となり、買い安心感が出た。

日本時間の11時発表の中国の2016年7~9月期の国内総生産(GDP)は前年同期比6.7%増だった。市場予想をやや上回って中国経済の下振れ不安が薄れ、投資家心理が改善した。18日の米株式相場が、市場予想を上回る企業の16年7~9月期決算を好感して反発していたことも支援材料になった。

朝方は先週末からの上昇を背景に売りが先行し、日経平均は上げに転じた後も上値は重かった。節目の1万7000円を超えた水準で利益確定売りに押し戻される場面もあった。外国為替市場で1ドル=103円台後半と円高・ドル安方向に傾いたのも足を引っ張った。20日午前に米大統領候補のテレビ討論会を控え、大引けにかけては様子見気分も強まった。

JPX日経インデックス400は4日続伸し、前日比8.27ポイント(0.07%)高の1万2145.36だった。東証株価指数(TOPIX)も4日続伸し、0.63ポイント(0.05%)高の1357.20だった。

東証1部の売買代金は概算で1兆6631億円、売買高は15億6110万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1197と全体の約6割を占め、値下がりは624、変わらずは164だった。

会長に日産自社長のカルロス・ゴーン氏がつくと伝わった三菱自が急伸した。三菱UFJ三井住友FGのメガバンク株も上昇。VテクJディスプレ東エレクも高い。半面、自動車株ではトヨタホンダなどが売られた。ソフトバンク村田製デンソーなども安い。

東証2部株価指数は5日続伸し、1月8日以来の水準で終えた。シャープラオックスが上げ、神島化桜島埠が下げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン