/

東証大引け 小反落 利益確定売り優勢、配当絡みの買い支え

19日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反落した。前日比17円65銭(0.08%)安の2万1566円85銭で終えた。薄商いの中、前日までの相場上昇を受け利益確定を目的とした売りに押された。2019年2月期の決算発表を前に、ユニファミマセブン&アイといった小売株に先行きを警戒した売りが出て相場全体を下押しした。3月期末の配当に絡んだ買いが支えとなり、下値は限られた。

寄り付き直後に日経平均は下げ幅を一時150円あまりに広げた。2月以降は日経平均が2万1500円を超えると上値が重くなっていたため、前日までの上昇で利益確定売りが増えた。海外ヘッジファンドなど短期スタンスの投資家が株価指数先物に断続的な売りを出したことも相場の重荷となった。

日経平均は小幅に上昇する場面もあった。3月の決算期末が近づき、機関投資家が受け取る予定の配当金を先回りして再投資するとの観測が根強いうえ、一部で配当の権利取りを狙った個人投資家の買いが入り相場を支えた。新年度の運用を見据え、国内の機関投資家が大型株に資産配分の調整を目的とした買いを入れたとの観測もあった。

JPX日経インデックス400は3営業日ぶりに反落した。終値は前日比22.69ポイント(0.16%)安の1万4331.86だった。東証株価指数(TOPIX)も3日ぶりに反落し、前日比3.45ポイント(0.21%)安の1610.23で終えた。

売買は低調で、東証1部の売買代金は概算で1兆8954億円と目安の2兆円を下回った。売買高は11億401万株。東証1部の値下がり銘柄数は1464、値上がりは597、変わらずは74だった。

NTTデータコナミHDキッコマンが安い。エーザイ中外薬も下落した。一方、ダイキンのほか、ファストリソフトバンクグループ(SBG)が上昇。ファナック安川電も高い。この日、東証2部に上場したKHCは初値を22円(2.6%)下回る810円で取引を終えた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン