時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,641,857億円
  • 東証2部 78,340億円
  • ジャスダック 102,238億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.27倍 --
株価収益率15.43倍16.31倍
株式益回り6.47%6.12%
配当利回り1.86% 1.86%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,083.51 +42.25
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
24,080 +50

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「岡崎良介の点と線」[映像あり]

1月20日(月)14:20

前田建設と前田道路 「親子」で異例の対立[映像あり]

すかいらーく 24時間営業を廃止 人手不足が背景

1月20日(月)13:00

[PR]

国内株概況

東証大引け 3日続伸、米景気懸念和らぐ
円安進まず上値抑える

2019/12/9 15:22
保存
共有
印刷
その他

9日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、前週末比76円30銭(0.33%)高の2万3430円70銭で終えた。前週末発表の11月の米雇用統計は米労働市場の力強さを示す良好な内容だった。このところやや強まっていた米景気に対する懸念が和らぎ、同日の米株式相場が大幅上昇し、日本株にも運用リスクを取りやすくなった投資家の買いが優勢だった。もっとも、米中貿易協議に対する様子見姿勢が広がりやすく、日本株の上値追いは限定的だった。

日経平均は寄り付きで年初来高値を上回る2万3544円を付けた後は上げ幅を縮小した。米国による対中追加関税の「第4弾」の全面発動期限が15日に近づき、市場では協議の行方を見極めたいとの雰囲気が根強い。外国為替市場で円安・ドル高も進まず、戻り待ちの売りが日本株の重荷になった。7~9月期の実質国内総生産(GDP)改定値は速報値から上方修正されたものの、消費増税後の日本経済には慎重な見方が多いため、相場全体を持続的に押し上げる材料にはならなかった。午後の日経平均は2万3400円台で膠着した展開となった。

JPX日経インデックス400は3日続伸した。終値は前週末比74.76ポイント(0.49%)高の1万5376.11だった。東証株価指数(TOPIX)も3日続伸し、8.71ポイント(0.51%)高の1722.07で終えた。

東証1部の売買代金は概算で1兆8170億円。売買高は10億8518万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1423と、全体の6割強を占めた。値下がりは624、変わらずは109銘柄だった。

ファストリとソフトバンクグループ(SBG)の2銘柄で日経平均を約25円押し上げた。ファナック、花王、キッコマンも上昇した。半面、アドテスト、テルモ、第一三共、日東電が安かった。プラス圏で午前の取引を終えていた東エレクは下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム